トップ
サービス内容
資料請求
無料アカウント診断
代理店/提携企業募集
メディア
お問い合わせ
カテゴリー
/
飲食業界でYouTubeを始める前に参考できる!飲食YouTubeチャンネル10選を分析!

飲食業界でYouTubeを始める前に参考できる!飲食YouTubeチャンネル10選を分析!

2024年6月22日
飲食の認知拡大のためYouTubeを始めようと思っている方必見。この記事では飲食業界でYouTubeをすでに始めているチャンネル10個を分析した記事です。

法人SNSを今なら無料で診断 | アリストテレス【法人向けSNS運用】

自社のSNSアカウントがうまくいっているか不安な方へ。アカウントを分析し、改善施策をご提案します。一度SNSマーケティングのプロに相談してみませんか? → こちらから

最近、飲食業界ではデジタルマーケティングの重要性が増しています。特にYouTubeを活用した動画コンテンツは、商品の紹介やキャンペーン情報の発信に大いに役立っています。今回の調査では、大手飲食チェーンやコンビニエンスストアのYouTubeアカウントについて分析し、どのように利用されているかを見ていきます。

各飲食企業の
YouTubeチャンネル登録者数

以下は、主要な飲食店およびコンビニのYouTubeチャンネルの登録者数です。

  1. マクドナルド公式 – 213,000
  2. くら寿司 – 134,000
  3. セブン‐イレブン・ジャパン公式 – 59,000
  4. ローソン – 45,100
  5. FamilyMart – 31,000
  6. ケンタッキーフライドチキン公式 – 22,000
  7. 吉野家公式 – 21,000
  8. スターバックス公式 – 20,700
  9. 大戸屋ごはん処 – 17,600
  10. 餃子の王将 – 3,910

現状分析

多くの大手飲食チェーンやコンビニは、テレビCMを中心とした動画コンテンツをYouTubeに投稿しています。これらの動画は主に、新商品の紹介や季節限定のキャンペーン情報を発信するためのものです。たとえば、コンビニエンスストアのYouTubeチャンネルでは、季節ごとに新商品やフェアの情報を掲載することが一般的です。

しかし、調査した企業の多くはYouTubeの更新頻度が低く、テレビCMをそのまま投稿しているケースが目立ちました。これは、YouTubeを独自のプラットフォームとして活用する方法がまだ確立されていないことを示していると言えます。

YouTube活用の現状

更新頻度の低さ

  • 多くの企業が定期的な動画更新を行っていないため、視聴者の関心を持続するのが難しくなっています。
  • 更新頻度が低いと、アルゴリズムによる推薦が減り、新規視聴者の獲得も難しくなります。

テレビCMの再利用

  • テレビCMをそのままYouTubeにアップロードすることで、制作コストを抑えることができますが、YouTubeの特性を活かしたコンテンツにはなっていません。
  • 視聴者はYouTubeで独自のコンテンツや情報を求めているため、テレビCMだけでは不十分です。

改善点

コンテンツの多様化

  • YouTube専用の動画コンテンツを制作することで、視聴者の関心を引き付けることができます。たとえば、料理の作り方や裏話、企業の歴史や文化を紹介する動画などが考えられます。

定期的な更新

  • 定期的な動画更新は視聴者の関心を維持するのに効果的です。例えば、週に1回のペースで新商品紹介やキャンペーン情報を発信することができます。

インタラクティブなコンテンツ

  • 視聴者とのインタラクションを増やすために、コメントに返信したり、視聴者の質問に答えるQ&A動画を作成することが効果的です。

まとめ

今回の調査から、飲食店やコンビニのYouTubeチャンネルはまだそのポテンシャルを十分に活用していないことがわかりました。テレビCMの投稿に頼るだけでなく、YouTubeならではの特性を活かした独自のコンテンツを制作することで、より多くの視聴者の関心を引き付けることが可能です。今後は、定期的な更新や視聴者とのインタラクションを増やすことで、YouTubeを効果的に活用していくことが求められます。

アリストテレスがわかる3点セット | アリストテレス【法人向けSNS運用】

法人SNSを専門とするアリストテレスがわかる資料はこちらからダウンロード → こちらから

福岡でSNS運用を依頼するならアリストテレス