トップ
サービス内容
資料請求
無料アカウント診断
代理店/提携企業募集
メディア
お問い合わせ
カテゴリー
/
バイラルマーケティングとは?バズマーケティングとの違いも解説!

バイラルマーケティングとは?バズマーケティングとの違いも解説!

2024年4月25日
[SNS初心者必見]SNSでも顧客、認知度を上げたいと思っている企業必見!バイラルマーケティングで顧客、認知度獲得!

マーケティングのほとんどはマーケター側のアクションがほとんどですが、ユーザー側のアクションが中心のマーケティングも存在します。

その一つが「バイラルマーケティング」です。

この記事ではその「バイラルマーケティング」について解説します。

1.「バイラルマーケティング」とは

「バイラルマーケティング」とは、製品やサービス、コンテンツなどがユーザーから口コミや共有によって急速に広がるマーケティング戦略のことを指します。この戦略では、ユーザー自身が情報を共有し、マーケターがそれを活用することで広告効果を拡大します。

つまり、ユーザーの起こすアクションがマーケティングの中心にあり、ユーザーの起こした波を活用するのが「バイラルマーケティング」と言えます。

ちなみに「バイラル」は”Viral”(ウイルス性の)という意味であり、拡散される情報の様をウイルスのようだと表しています。

2.バイラルマーケティングの方法

バイラルマーケティングはユーザーが起こすアクションがメインであり、広告主やサイトの側から働きかけることはほとんどありません。

ただ、ユーザーが共有するための方法を用意しておく必要があります。

共有ボタンを設置したり、他SNS(InstagramやTwitterなど)に誘導し共有してもらうというような、ユーザーが共有しやすいようにしておくことが必要です。

3.バイラルマーケティングを成功させるには

バイラルマーケティングはユーザー側のアクションがほとんどですが、成功させるためには不可欠の要素があります。

それは、魅力的なコンテンツであるということです。

ユーザーが共有したくなるような魅力的なコンテンツを作成することがこのマーケティング戦略においてもっとも重要であるとも言えます。

どのようなコンテンツが共有されやすいかを把握する、また自分がユーザーであればどのようなコンテンツが魅力的かを考えることが「バイラルマーケティング」を成功させる近道でしょう。

4.「バズマーケティング」との違い

似たようなマーケティング戦略として「バズマーケティング」があります。

これは話題を集めることを目的としたマーケティングのことを指しますが、「バイラルマーケティング」と異なる点は人為的に拡散させるという性質が強いという点です。

「バズマーケティング」はいわゆる「炎上商法」と似たところがあり、ユーザーが拡散したくなるような魅力的なコンテンツを提供する「バイラルマーケティング」とは異なり、コンテンツの質ではなくいかに拡散させるかを主軸に置いています。

まとめ

SNSが発達した現在では一般的となった「バイラルマーケティング」は、ユーザーが拡散したくなるようなコンテンツを提供することが必須です。

コンテンツ作成者は常日頃からユーザー側の視点に立ち、どのようなコンテンツがユーザーにとって魅力的かを見極める審美眼を養うことが必要でしょう。

福岡でSNS運用を依頼するならアリストテレス
CHANGE株式会社
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-23-2
ParkFront博多駅前1丁目5F-B
TEL 092-600-0545
© アリストテレス