トップ
サービス内容
資料請求
無料アカウント診断
代理店/提携企業募集
メディア
お問い合わせ
カテゴリー
/
SNSでの炎上リスクを最小限に抑える方法

SNSでの炎上リスクを最小限に抑える方法

2024年4月25日
[SNS初心者必見]SNS始めたいけど炎上怖いと思って始めれない企業様必見!炎上リスクを最小限に抑える方法

私達の生活にとって欠かせないものとなったSNS。多くの人が集まり情報発信には便利ですが、その弊害として「炎上」が起こり得ます。

この記事では炎上しないように気をつけるべきことを解説します。

1.「炎上」に対する心構え

記事の冒頭で炎上を防ぐと書きましたが、炎上を完全になくすことは不可能です。

企業が社員にどれだけ教育を施しても、あらゆる状況で炎上する可能性はありえます。

もちろん、企業のイメージダウンにつながるような炎上はしないよう気をつける必要はありますが、炎上しないことばかりに気を遣ってはSNS運用が窮屈なものになってしまい、拡散力が下がってしまいかねません。

そのため、SNSでの炎上に対しては、もし起こってしまってもしょうがないという気持ちを持つとよいでしょう。

2.どうやって炎上を防ぐか

SNS運用で避けられない炎上ですが、ある程度は防ぐことができます。ここではその方法をいくつかご紹介します。

2-1 ダブルチェックをする

SNSではささいな言葉で炎上してしまいます。ダブルチェックを行うことである程度はリスクを抑えられます。

ダブルチェックの際に、SNSに明るい若い世代を通すと、より効果的になるでしょう。

2-2 安易にバズワードに飛びつかない

トレンドの言葉やハッシュタグを使えば、インプレッションは簡単に稼げます。

一方でそのワードが企業のSNSが用いるのには不適切なワードである可能性もあります。

2023年8月にTwitterで「バーベンハイマー」というワードが流行しました。これは当時公開されていた映画である『バービー』と『オッペンハイマー』を組み合わせた言葉ですが、このトレンドに『バービー』の公式アカウントが反応しました。結果、日本で大きな炎上が起こり映画の興行収入が大幅に下がったと言われています。

このように、トレンドのワードに見境なく飛びついてしまうと大きな被害を生む可能性があります。

3.炎上してしまったら

もし上記のような対策をしても炎上してしまった場合は謝罪をし、時間が経って炎上が落ち着くのを待ちましょう。

4.まとめ

SNSでの炎上は企業の大小、フォロワー数の多少によらず起こり得ます。

対策を講じても起こってしまいます。

炎上に対して身構えすぎず、SNSを運用していきましょう。

福岡でSNS運用を依頼するならアリストテレス
CHANGE株式会社
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-23-2
ParkFront博多駅前1丁目5F-B
TEL 092-600-0545
© アリストテレス