トップ
サービス内容
資料請求
無料アカウント診断
代理店/提携企業募集
メディア
お問い合わせ
カテゴリー
/
拡散されるハッシュタグとは?

拡散されるハッシュタグとは?

2024年4月25日
[SNS初心者必見]ハッシュタグたくさんつければインプレッション(視聴率)上がると思っていませんか?インプレッション(視聴率)が上がる効果的なハッシュタグ教えます!

TwitterやInstagramで使われる「#(ハッシュタグ)」。

ハッシュタグをつけることで他のユーザーから見つけてもらいやすくなります。

この記事では、どのようなハッシュタグを使うとより拡散されるのかということを解説していきます。

1.ハッシュタグとは

そもそもハッシュタグとはなんでしょうか?

ハッシュタグとは、「#(ハッシュマーク)」をつけることによって、タグ化されたキーワードを指します。

この「ハッシュタグ」を使うことで、同じタグを付けて投稿しているユーザーを見つけやすく、自分もそのハッシュタグを通じて見つけてもらえます。

「#〇〇と繋がりたい」のように、同じ趣味をもつユーザーたちが交流する足がかりとして使われるものが「ハッシュタグ」です。

2.どのようなハッシュタグをつければよいか

ハッシュタグの機能は分かりましたが、どのようなハッシュタグをつけるとよいのでしょうか。

結論から言うと、2つのハッシュタグをつけると良いでしょう。

この2つのハッシュタグとは、「投稿数の多いハッシュタグ」と「投稿数の少ないハッシュタグ」の2つです。

例えば、スイーツに関する投稿をしようとしたとき、まず「#スイーツ」というタグをつけるでしょう。

しかし、世の中にスイーツはごまんとあり、スイーツだけでは他の投稿に埋もれてしまうのです。

そこで、「#プリン」や「#店名」、「#地名」のような細かい情報をタグにしてつけていくと、よりピンポイントに絞ることができ、結果として目に留まりやすくなります。

しかし、あまりにタグが細分化されすぎると、かえって全く見られなくなることもありえます。

そのため、メジャーなタグ、マイナーなタグの両方を付けておくことで、閲覧されないという事故を防ぐことができます。

また、文章のみの投稿よりも、写真や動画が添付された投稿のほうが閲覧数が増えやすい傾向にあるということも意識しておくとよいでしょう。

まとめ

ハッシュタグは投稿を見てもらうためには必須の知識です。

どのような層に見てほしいかを見極め適切なタグをつけることができれば、ある程度の閲覧数は得られるでしょう。

しかし、大きなバズになるには上に書いたようなノウハウだけでなく、運の要素が絡んできます。

そのため、本末転倒のようですが、最も重要なのは「下手な鉄砲も数撃てば当たる」の精神で投稿詞続けることでしょう。

福岡でSNS運用を依頼するならアリストテレス
CHANGE株式会社
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-23-2
ParkFront博多駅前1丁目5F-B
TEL 092-600-0545
© アリストテレス